HOME > 業者ごとにリフォーム費用が違うのはなぜ??

業者ごとにリフォーム費用が違うのはなぜ??

いくつかのリフォーム業者に見積り依頼をした結果、業者ごとにこんなにも違うのかというほど、見積り金額に差が生じることがあります。ではどうしてそのような価格差が生じるのでしょうか。

どこをリフォームするかだけではなく、計画の立て方、経費の考え方で大きく見積り額が違ってくるのがリフォームです。

工事単価が違う以外にも、見積りに入れてある範囲が違っていたり、工事計画が大幅に異なっている場合があります。

リフォームは業者ごとに施工計画が異なり、使用する材料のランク以外にも、工程や経費などの取り扱いが違っています。

一部分の費用比較だけで業者を選定するのは、危険な要素が多いと言えます。

リフォームは、今ある建物を活かしながら改修を加えていくため、事前調査や工事計画、使用材料などによって、その費用は大きく違ってきます。

工事に携わる人が違えば、工事方法や金額も異なるため、これが“リフォームに定価がない”と言われる理由のひとつになっています。

リフォームを計画するとき、複数の業者から同じ内容の見積りを取ること(相見積り)が推奨されるのは、そのリフォームの概算費用をつかむことが大きな理由ですが、あまりにも価格差があると、かえって困惑する原因にもなります。

安くできる理由、高くなる理由をしっかり見抜いて、工事品質と価格のバランスが取れたリフォームを実現してください。

同じ施工面積であっても、施工内容が違う場合があります。

たとえばフローリング工事においては、A社の場合では、既存床を剥がして新しいフローリング材を貼っていく計画であっても、B社では既存床を剥がしたあと、下地や床構造部についても補修を加えてから新しいフローリング材を貼るという具合に、施工手順・内容が異なっていることがあります。

建物の築年数、傷み具合、使用状況などを考慮した上で、実際に施工箇所を調査して判断するのですが、施主様と打ち合わせをしていくうちに、「では、ここまでやった方がよいでしょう」などと、施工範囲が変わっていくことも少なくありません。

上記のような場合、下地から補修する必要が絶対にあるとは限りませんし、予算や建物の傷み具合、あるいは「このリフォームで以後何年持たせるのか?」ということによっても、リフォーム計画は大きく左右されます。

まず、施主様が考える普及品(価格が安いという意味)と、業者の考える普及品(実際の現場でよく利用されるという意味)というように、グレードに対する考え方の違いがあります。

相見積りをすれば、A社が適切だと思う材料、B社が得意にしている材料があります。
これもまた、業者ごとの見積り金額差になって表れることがあるのです。

建材や住宅設備は、実に多くのメーカーから発売されていて、それぞれのリフォーム業者は頻繁に取引しているメーカーがあったり、得意にしている主力商品があったりします。

これらの要素が結果的に、施主様に提示する見積り金額に差を生じさせています。

東京都中央区を中心に展開

K・プラン
〒104-0054 東京都中央区勝どき2-18-1-1048
Tel:03-3533-2117
Fax:042-302-6843
お問い合わせ