HOME > 中古マンションを買ってリフォームする

中古マンションを買ってリフォームする

中古マンションのリフォーム工事費は、どのくらいかかるのでしょうか?

これは絶対に知りたい、重要なポイントですよね。

実際に暮らしていくためには、中古マンション購入費+リフォーム代+諸々。中古マンション購入費と諸々の部分は、ある程度予測が立てられるでしょう。ですが、リフォーム部分は素人目には概ねの金額すら浮かびにくいと思います。

たとえ、マンションでも、リフォームの規模によって工事費が大きく違います。

そこで購入の目安を考えてみましょう。

間取りを選ぶこと

広さも大切なことですが、同じ面積で、同じ価格のマンションであれば、間取りを選びます。

予算がふんだんにあれば、間取りを変えてといった全面リフォームをすることができますが、予算がふんだんにある人なんて、いませんよね。

設備を調べるのに、まず築年数を見る

建ててから10年程度の経過年数であれば、水まわりである「キッチン」「浴室」「洗面」「トイレ」は、そのまま利用できる場合が多いのですが、20年以上経ったマンションでは、設備の取り替えが必要です。

給排水管の劣化も心配しなくてはなりません。

まずは立地条件の確認。それから実際の中古マンションの外装を見てみましょう。

築年数は設備面だけでなく、外装面にも影響します。

修繕積立会の少ない古いマンションは、外装などの大規模修繕を行う場合に、割当金を払わなければならない時があるのです。

それから間取り確認です。

ウォークインクロゼットを希望するなら、そのスペースが確保できるか。

キッチンの交換はいつ行われたのか。

浴室のユニットバス、トイレの便器、洗面台は清潔であるか。

いくら清潔であっても、前に使っていた人の後に使用するのは抵抗があると感じることもあるでしょうし、旧式タイプである場合は新しいものに替えて節水機能を付けて、エコと節約の一石二鳥なら気分もいいですよね。

子供部屋を予定している場合、フローリングの床にできるのか。

マンションの場合は、物音が階下に響くことを考慮しなければなりません。

フローリングの床はカーペットを敷いている床より、音がよく響きます。仕様についての取り決めがある場合もありますので、注意しましょう。

フローリングの裏面にスポンジのような特殊クッションシートがついている、防音フローリングというのもあります。

1.間取り変更なし、納戸をウォークインクローゼットにする。

2.床はフローリングが傷んでいる個所もあるので傷口を補修してワックスを塗る。 洋室のカーペットを防音フローリングにする。

3.壁と天井のクロスは、全て貼り替え。

4.設備。キッチンはそのまま。ユニットバスとトイレは、取替え。洗面化粧台も洗髪もできるシャワー付きに取替え。

などなど、実際にリフォームする個所を決めましょう。
費用は、面積や取り替える材質などによって異なってきます。

東京都中央区を中心に展開

K・プラン
〒104-0054 東京都中央区勝どき2-18-1-1048
Tel:03-3533-2117
Fax:042-302-6843
お問い合わせ