いくつかのリフォーム業者に見積り依頼をした結果、業者ごとにこんなにも違うのかというほど、見積り金額に差が生じることがあります。ではどうしてそのような価格差が生じるのでしょうか。

どこをリフォームするかだけではなく、計画の立て方、経費の考え方で大きく見積り額が違ってくるのがリフォームです。

工事単価が違う以外にも、見積りに入れてある範囲が違っていたり、工事計画が大幅に異なっている場合があります。

リフォームは業者ごとに施工計画が異なり、使用する材料のランク以外にも、工程や経費などの取り扱いが違っています。

一部分の費用比較だけで業者を選定するのは、危険な要素が多いと言えます。

リフォームは、今ある建物を活かしながら改修を加えていくため、事前調査や工事計画、使用材料などによって、その費用は大きく違ってきます。

工事に携わる人が違えば、工事方法や金額も異なるため、これが“リフォームに定価がない”と言われる理由のひとつになっています。

リフォームを計画するとき、複数の業者から同じ内容の見積りを取ること(相見積り)が推奨されるのは、そのリフォームの概算費用をつかむことが大きな理由ですが、あまりにも価格差があると、かえって困惑する原因にもなります。

安くできる理由、高くなる理由をしっかり見抜いて、工事品質と価格のバランスが取れたリフォームを実現してください。