出入り口の段差につまづいてドキッとしたことがある。

高い位置や低い位置にある収納庫の奥のモノを探したり、取り出したりするのがつらい。

そんなお悩みはありませんか?

人は誰でも少しずつ歳をとっていきます。

いつまでも自立して、快適な生活を続けていくためにも、加齢に伴う身体状況の変化に合わせたバリアフリーリフォームは必須といえるでしょう。


浴室のリフォームポイントは「明るさ」と「温度差をなくす」こと

手すりを設置して屋内の移動経路(動線)をしっかりと安全に確保することはもちろんですが、歳を取ると浴室出入り口の段差をまたぐことは、大変な動作になります。

浴室は滑りやすい空間でもあるので、転倒を防止するためにも、段差をなくしたフラットな出入り口や入り口から浴槽まで手すりを取り付けた浴室にリフォームすることをお勧めします。

視力も低下するので、浴室空間の「明るさ」にも配慮しましょう。

また、家の中の温度差は、血圧変動によるヒートショックを起す原因に。温度差の少ない住まいづくりをめざしましょう。


キッチンも「加齢に配慮すること」が大切

キッチンのリフォームも考える必要があります。

収納スペースの奥にしまってあるものを取り出そうとするとき、歳を取ると腰を曲げて探すという行為も大変な動作になります。

また、いすなどを用いてキッチン棚の高いところにあるモノを取るのは危険ですので、開き扉から出し入れがラクなスライド式収納や電動で手の届く位置に下りてくる吊戸棚が完備したキッチンにリフォームすると良いでしょう。

バリアフリーリフォームをすることで、より快適な生活を続けていくことができます。


早い時期から将来設計を

老後のライフスタイルを豊かにするためにも、リフォームを上手に進めていくことが大切です。

早い時期から自分自身の将来設計を考えておくとよいでしょう。

人生の流れに沿ってリフォームを積極的に活用し、安心で快適な老後に備えましょう。