空室が埋まらない理由は、簡単に言えばその部屋に魅力がないからです。

部屋の下見に来られた方がその場で決めないのには、部屋に不便さや汚さなど、何かしらのデメリットを感じるからでしょう。

また、せっかく入居したのにすぐに出て行ってしまう場合は、そこの環境に問題があるかもしれません。

「隣人の声がひびく」
「水が出にくい」
「虫が発生する」

など。その場合は早急にリフォームする必要があります。

逆に、新しい生活を始めようと引っ越し先を選んでるお客様が、新築のようにリフォームが施された真新しい部屋を見れば、住みたくなる意欲を掻き立てられることでしょう。